ゆめこうじん!

センスがない!! マイペースなブログ・・

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました! 感想

・映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました! 感想

※ネタバレあり

EIGA_121128_1.jpg


というわけで、ようやく映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』観てきました!

まちがいなく今年一番混んでいる映画でした!!

さて、公開から結構たつのに、この人の多さ!!
人気の高さがうかがえましたよ! (´∀`*)

事前に、コミックとエヴァ序・破を見ていたおかげで、何とか理解することができました。

ストーリーは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」から14年後の世界?
※最後まで見たら気づきましたが、どうやらパラレルワールド、いわゆるもしもの世界っぽいです。

初号機からシンジを確保するために生きていたアスカ、マリの二人が奮闘し、
見事シンジを確保!!

14年後の世界にて、目覚めた主人公の碇シンジ君。
首にはリモコンによる爆破装置つきの首輪!!
そして、14年ぶりに再会した、ミサト、リツコをはじめとした旧ネルフのメンバーたち・・
現在はネルフではなく「ヴィレ」という組織の模様。

この時に言われたのは「もうエヴァに乗るな」の一言。
助けたはずの綾波レイが、もう存在しないといわれ苛立つシンジ、
そこにエヴァに乗った綾波?が登場!!
助けた綾波が存在していることと、ミサトへの苛立ちからエヴァに乗って
ネルフへ向かうシンジ!

ネルフにて、父親の碇ゲンドウに会い、ミサトとは逆に「エヴァに乗れ」
と言われるシンジ!
初号機ではなく13号機なのね。

ここで、綾波レイ?と再会し、渚カヲルと出会うわけですが、
この後のピアノのシーンが、映画の予告の箇所だったんですな!

その後、渚カヲルに14年後の世界の現状を見せられ、理解するシンジ。

※第10使徒の戦いの後、初号機が覚醒しサードインパクトが起こり人類が滅び
新しい生命が誕生するはずだったが、生命は誕生せず中途半端に終わった世界。

渚カヲルに「エヴァに乗り、ロンギヌスの槍とカシウスの槍を手にすれば世界を変えることができる」
と言われ、爆弾つき首輪を解除し、自分に取り付けるカヲル、この行動により、
再びエヴァに乗る決意を示すシンジ!

ここで、カシウスの槍?なんじゃそりゃ?と思ってしまいました。

そしてセントラルドグマに行く、シンジ、綾波、カヲルの3人。
リリスに刺さっている2本の槍が同じ槍に気づくカヲル。
ただ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破で、初号機を刺した槍と違う形状だったので

この時に、あの世界とは

別の世界なんだと気づきました。



エヴァが覚醒しファースインパクトが起こります。
それを阻止しようとする、アスカ、マリ、ミサト立ち率いる「ヴィレ」。

最終的に何かに気づき、フォースインパクトを止めるカヲル。

確かコミック見た感じでの想像では、サードインパクトの目的が、

ゼーレ   ・・・・・・・不完全な人類の代わりに新しい生命体の誕生!!
碇ゲンドウ ・・・・・・・ユイに再会したい!、人類補完計画を利用!
ヴィレ   ・・・・・・・上記二つを阻止!!

最終的に、カヲルは爆破装置で亡くなり、シンジはアスカに回収され、
綾波と3人で歩き出すシーンで終了。

ラストの宇多田ヒカルさんの曲で「桜流し」で感動しました。


『評価』・・・★★★★☆ 4つ星(詳細には4星)
今年見た、アニメの映画ではダントツで1番です。
これをみてシンジ君は改めて酷だなと思いました。

事前に説明するべきなのに、ミサトたちも、碇ゲンドウも何も言わない・・
これってシンジを信用していないからですよね。

・ゲンドウは説明したら、今の世界が良いといってエヴァに乗らないかもしれない。

・ミサトは説明したら、世界が変えたいといってエヴァに乗るかもしれない。

こんな考えで、二人はなにも説明しなかったのでしょうね。
ただ、シンジからしたら、これはいい迷惑で、様々な大人の思惑により
ひたすらムゴイ現実を見せられるだけ・・・

しかも14歳の少年に!!

これを見たら、渚カヲルがいいやつに見えてきました。
世界観は、以下のような感じになるのでしょうか?

EIGA_121128_2.jpg

『巨神兵東京に現わる 劇場版』は、また明日にでも感想書きます!!


次回予告は、エヴァが仮面ライダーWになってました。
さてあとは、ブルーレイで楽しむかな!!






・・スパロボやって、『007 スカイフォール』を見に行くか!!
スポンサーサイト

| ANIME | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BD「アメイジング・スパイダーマン」購入しました!

・BD「アメイジング・スパイダーマン」購入しました!

EIGA_121115_1.jpg

今年すでに、映画を見に行ってたのでじっくりと鑑賞することができました。

さて、今回ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドと
ヒロインのグウェン・ステイシー役のエマ・ストーンは、最近大きな家を購入したらしいですが、
ハリウッド映画で共演したあと付き合う出演者は多いですが、この二人は順調そうですね。

さて内容としては、トビー・マグワイアの時は、体から出していた糸がウェブシューターから
発射されたりとか、個人的には、ピーターの性格は明るくなりましたが、
雰囲気は前シリーズより少しダークになっている気がします。

今回のブルーレイで残念だったのは、日本版テーマソングを担当した
SPYAIRの『 0 GAME 』が入ってなかった事です!!
何気に楽しみにしていたのに、残念!!

さて、ブルーレイは今年はあと「アベンジャーズ」をみて終わりかな?






・・・寒いなぁ。

| 映画 | 01:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『リンカーン/秘密の書』観てきました! 感想

・映画『リンカーン/秘密の書』観てきました! 感想

※ネタバレあり

EIGA_121117_1.jpg

月初に見てきた、『リンカーン/秘密の書』を今頃、感想書きます・・(゚Д゚;)

エヴァを見る前に、急いで感想を書かねばと思ったのですが、時がたつのは早いものです。

私は、ホラーものが大の苦手なのですが、この映画を中盤まで鑑賞していたら
安心してみれました!!

なぜなら主人公のエイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)が
あまりにも無双過ぎて、安心して見れたからです。

さて、あらすじとしては、エイブラハムが少年時、母親がある男により、
殺害され、青年になったエイブラハムは、その男に復讐しようとしますが、
なんと男はヴァンパイアだった!!

あわやのところで、ヘンリー(ドミニク・クーパー)という男に救われ
彼から、本人の希望もありヴァンパイアハンターとなるべく、鍛えられます。

彼は、政治の勉強をしながら、ヴァンパイアと戦っていくのですが・・・・



銀の斧を使い、VFXを使ったアクションは、見ごたえがございました!!



『評価』・・・★★★☆☆ 3つ星(詳細には3星)
え~これは完全に・・・
『男版バイオハザード!』
ですね。

最終的に、南北戦争にて、ヴァンパイアとの戦争になるのですが、
正直リンカーン一人でも、無双過ぎました!!
高齢で、あの動きは正直すごかった!!

まぁ考えないで、見る映画としてはいいと思います!!





・・・それそろ寒い!!

| 洋画 | 01:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『放課後ミッドナイターズ』観てきました! 感想

・映画『放課後ミッドナイターズ』観てきました! 感想
※ネタバレあり

EIGA_120920_1.jpg

今月、最初のほうに、映画『放課後ミッドナイターズ』観てきました!
元々ほかの映画を予約するつもりでしたが、舞台挨拶があると言うことで
当日券を購入しました。



映画の内容としては、人体模型ことキュン様と、骨格標本のゴスの
このようなショートムービーを期待していたのですが、
ちゃんとしたシナリオのあるコメディ映画になっていました。

小学校見学会におとずれたスーパー幼稚園児マコ、ミーコ、ムツコに
復讐するため、キュン様が案内状を送るのですが・・・

放課後ミッドナイトパーティでメダルを3つ集めたら願いが叶う?という
イベントに幼稚園児を参加させ、色々画策するキュン様とゴスですが、
キュン様が自作自演でブログをアップしたり、体を張った行動、
そして、いまいち主導権が取れない姿が哀愁を感じました。

※一応最後に新品の姿になるので、ハッピーエンドかな?

最後に舞台挨拶として、出演者のマコ役の戸松遥さん、ムツコ役の寿美菜子さんが
登場しました。

一部のファンの方が、

「ミナコぉぉ!!!!!」

と叫んでいるのが印象的でしたね。

彼女達の軽快なトークは、役者だなぁと思わせるやり取りでしたね。
寿美菜子さんの最後のセリフで「はえたたき!!」と言うものがあるのですが、
ドラゴンボールの「かめはめ波!!」を意識したとの事です。


『評価』・・・★★★☆☆ 3つ星(詳細には2.5星)
人気があるので、続編があるとのことでしたが、
映画の内容はともかく、正直、映画を見ている最中で、
こんなに騒がしかったのは初めての経験でした・・・・

今まで何回か、舞台挨拶つきの映画を拝見いたしましたが、
見てる途中で、静かに外に行く方はたくさんいますけど、
あんなに勢いよく、しかもたくさんの方が外に行くのは
はじめて見ました・・・

たぶん出演者の挨拶目当てでの人が、あのような行動を
するのでしょうかね。

・アメイジング・スパイダーマンのブルーレイ予約いたしました。

トビー・マグワイアが演じた前作は少しコメディが強かったですが、
新シリーズは、すこしダークな雰囲気であり、
個人的には、映画「アベンジャーズ」の次に面白かったのです。
何気に日本版のEDテーマ曲、SPYAIR『0 GAME』がいい曲です。






東京ゲームショウ2012ですが、昨年のほうが華やかだったような気がします。

| ANIME | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『アベンジャーズ』観てきました! 感想

・映画『アベンジャーズ』観てきました! 感想
※ネタバレあり

EIGA_120818_1.jpg

待った・・・

本当に公開を待ちました・・

そしてついに・・・

ついにこの時がやってきましたぜ!!

映画『アベンジャーズ』!!
北米タイトル(Marvel's The Avengers)

マーベル映画で、『アイアンマン』、『インクレディブル・ハルク』、『アイアンマン2』
『マイティ・ソー』、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』
の作品をブルーレイ・映画で視聴しずっと楽しみにしていました!!

久しぶりにドキドキしながら、拝見させていただきました。

今回のヴィラン(悪役)は『マイティ・ソー』で出演したロキさん!
『マイティ・ソー』では、いまいち強さが分かりませんでしたが、今回は
大活躍でしたぜ!!
今回は、宇宙人種族のチタウリと手を組み、地球を襲います。

『キャプテン・アメリカ』で登場したオーディーンのコズミックキューブが
暴走するところから、序盤は始まります。

ロキの登場、コズミック・スピアの魔法でいきなり操られるホークアイ、
そして盗まれるコズミックキューブ。
事態を重く見たS.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーは決意します。

S.H.I.E.L.D.のスパイのナターシャ・ロマノフことブラック・ウィドウと
各マーベル映画にて、スカウト役?で登場のコールソンが、それぞれ
ヒーロー達を召集しに向かいます。


・氷付けで70年の眠りから覚めたスティーヴ・ロジャースことキャプテンアメリカ!(キャップ)

・天才で女好きな億万長のトニー・スタークことアイアンマン!(社長)

・怒りや興奮によって怪物に変身してしまう天才科学者、ブルース・バナーことハルク!


S.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母、ヘリキャリアにてヒーロー達は集結します。
このヘリキャリアに来る前に、スティーヴがフューリーに何を見ても驚かないと
10ドルの賭けをしていたのですが、ヘリキャリアに着き、ポケットから10ドル取り出し
無言でフューリーに渡すのは、なんかほのぼのしました。


ドイツで暴れていたロキをキャップが抑えるシーンは興奮しました!!
僕はすべてのヒーローが好きですが、キャップが神であるロキに立ち向かうのは
カッコよかったですね。

その後、社長の協力、ソーが合流してヘリキャリアにて、ロキを拘束し対策を練ります。
トニーのいつものやり取りも面白かったのです、中でもバナーとの二人で
コズミックキューブ探しの研究でのシーンですが、
二人とも所謂、天才なので、バナーがトニーに対して「計算が速いね。」
などの妙に、馬が合うような一連のやり取りが良かったですね。

またソーの弟思いの感じは彼なりの優しさを感じました。

その後、ロキの罠により、ヘリキャリアは大損害を受け、逃げられます。
ロキの目論見に気づいたトニーは、スタークタワーに戻りますが、
アイアンマンのパワードスーツであるMk-Ⅵもボロボロになっています。

Mk-Ⅶができるまでの時間稼ぎをするトニーですが、ロキのコズミック・スピア
を胸に当てられ、洗脳されそうになりますが・・・・

なぜか効かない!! (´∀`*)

ここで、マーベル作品に詳しい人ならすぐに分かったはず、『アイアンマン2』にて
トニーの胸にあるアークリアクターは新素材である「ヴィブラニウム」になっています。
これはキャップの盾の素材でもあります。
つまりこの素材により、ロキの洗脳が通用しなかったのですね。

コレを知らない人だと、ただ単にトニーに主人公補正が掛かっているから!!
と誤解してしまう人がいるのでは?と思ってしまいました。

洗脳が効かないと焦るロキはトニーをスタークタワーから落とします。
この時、予め用意していた自動操縦によるMk-Ⅶの装着シーンがカッコよかったぜ!

この後、結局コズミックキューブにより、宇宙人種族、チタウリが攻めてきますが、
キャプテンアメリカ、アイアンマン、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、
ホークアイの6人が集合するのは、テンションが上がりました!!

キャップの指示により、それぞれヒーローが活躍します。
やはり、ヒーローチーム「アベンジャーズ」のリーダーは彼なんだなと思いました。

ソーが扉からやってくるチタウリを押しとどめ、アイアンマンが空中戦力を
押さえ、ハルクが暴れまくって、ホークアイが弓で狙い撃ちにし、
キャプテンアメリカとブラック・ウィドウが地上戦力を叩く!!

これからしばらくのアクションは映画で是非見ていただきたいですね。
久しぶりに興奮しまくったアクションになってます。

正直、マンハッタンでの戦いで、少しスパイダーマンの登場を期待してしまいました。
さすがに登場しませんでしたが、こう思ったのは自分だけではないはず・・・

ハルクによるフルボッコのロキは、なんか可愛かった・・・

『評価』・・・★★★★★ 五つ星
このブログが始まって、はじめて満点の五つ星を付けさせて頂きました。
かなり個人的な思いが、評価に反映されていますが、それを差し引いても
大作(世間的にはお祭り映画)になっていると思います。
全ヒーローにそれぞれスポットが当てられ、皆活躍します!!
(アイアンマンが少し美味しいところを持ってった感がしますが・・)

マーベル作品を見ている人は知っていると思いますが、エンドクレジットのあとに
最後のちょいシーンがあるのを知っているので、どんなシーンがくるのかと思ったら、
後ろで、従業員が掃除をしている食堂でアベンジャーズが黙々とシャワルマを食べるシーンが
とてもシュールでした!!

本当に最後まで楽しめた映画です。
最後に「アイアンマン3」の予告があり終了しましたが、しばらく興奮が
冷めなかったですね。
ブルーレイは是非今年出てほしいですね、絶対買うので・・・







・・・明日は、映画「おおかみこどもの雨と雪」もう1回見てきます。





| 洋画 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。